車査定一括査定net3~人気の買取査定はここ~

車査定一括査定net3~人気の買取査定はここ~

一括査定を使うと車を高く売れるらしいけど、結構面倒というか大変なんじゃないの?

 

売りたい物が高額であればあるほど、見積もりを複数取って比較するのが常識ですが、不思議なことに車だけは相見積もりを取らない方が一定数居ます。

 

多くの見積もりを取るのが、車の場合大変だと思っている方が多いことと、下取りを選択してしまうことが理由でしょうか。

 

そこで当サイトでは

・利用者の口コミ評価が高く負担が少ない
・下取りと比べて買取価格が高額になる

 

これらを基本として一括査定業者を3社に絞ってご案内します。

 

下取りが悪いという事ではなく、下取りも「相見積もりの1社だと考え比較することが大切です。

 

カーセンサーはすべてにおいて圧倒的な高評価!

カーセンサーは、車好きでなくても知らない人が居ないほどの知名度を誇る会社です。

 

オリコン顧客満足度調査において、中古車情報サイト総合ランキングでは、なんと5年連続で1位を獲得しています。

 

会社としての常識がおかしいなどと、揶揄されることもある中古車業界ですが、カーセンサーはリクルートグループですから、流石ともいえる高い顧客満足度を獲得しています。

 

カーセンサーの一括査定で特筆すべきは以下になります。

・提携業者数が圧倒的に多い1000社以上
・電話の時間指定や、メール連絡を選ぶこともできる。

 

カーセンサーの提携業者数は1000社以上です。他社の一括査定が50社~多くて200社程度ですから、如何に圧倒的な数という事がご理解いただけると思います。

その他の一括査定会社を複数使うより、カーセンサー1社を使ったほうが、多くの「相見積もり」が取れてしまうのです。

 

一括査定の悪い口コミの大半が、「電話連絡」に関するものです。
「電話が鳴りやまなかった」
「早朝や深夜にも電話が来た」

 

一括査定を避けている方の大半はこの電話が理由ではないでしょうか。

この辺りもカーセンサーなら安心です。申し込み時に「連絡希望時間帯」の入力があります。

また、連絡手段を「メールに指定」出来るのも人気の理由でしょう。

正直言って、カーセンサーを使えば一括査定において満足できない部分は無いと思います。

当サイトでも、最も自信をもってオススメできる車買取一括査定サービスです。

 

▶カーセンサーの簡単一括査定ページ

 

ズバット車買取のここが凄い!

ズバット車買取は、ウェブクルーが2003年運営する一括査定サービスです。

特徴としては以下があげられます。

 

・提携業者数が200社以上とカーセンサーに次いで多い
・入力後即、買取相場の表示がある
・入力フォームがシンプルで1分もあれば申し込み可能

 

使い勝手はとても良いのですが、カーセンサーでも触れた、「電話問題」に関しては、あまり細かい設定が出来ないのがマイナス点です。

ただし、休日などに一気にアポを取りたい場合などは、むしろ電話の方がスムーズなので、必ずしもデメリットになるとも言い切れません。

申し込み後にすぐ買取相場を知りたい方にはオススメしたいサービスです。

 

▶ズバットの簡単一括査定ページ

 

カービューは一括査定の老舗ならではの安心感!

カービューは、2000年から運営している老舗の一括査定サービスです。

 

老舗であることと、2015年以降はヤフーの完全子会社になっているので、大きな安心感があります。

 

特徴としては

 

・一括査定の中で最も歴史が古い
・累計400万人以上が利用している実績
・ヤフージャパンが親会社

 

サービス内容については、あまり特筆すべき点はありませんが、悪いところもないバランスが取れたサービスと言えます。

老舗の安定したサービスを求める方にお勧めします。

 

▶カービューの簡単一括査定ページ

 

車査定一括査定net3 体験コラム

車のような高額なものを売る場合、複数の業者に買取価格を確認することはとても大切です。

例えば、金を売ろうと思った場合、買取価格は基本的にどこでも同じになりますから、相見積もりを取る意味はないでしょう。

 

それに対して、車の買取価格は非常に分かりにくく曖昧です。

 

売る側が、適正な価格が分からないことが大きな問題なのです。

 

「買取価格100万円です」と言われたときに、素人では高いのか安いのかの判断が、何となく安いかな・・といった感覚的な判断になってしまいます。

 

これが車買取のグレーな部分です。

 

つまり、買取業者からするととにかく「相見積もり」を取らせなければ勝ちなのです。

 

後は、「この価格は今日までしか出せませんよ」「今週この車種をキャンペーンしているので特別価格です」などと畳み掛けます。

 

結果「良かった、高く売れたぞ」と思わせることに成功するのです。

 

しかし、買取業者が何を言ったとしても、信じてはいけません。それはセールストークです。

 

結局その車の適正価格を知るためには、他社の「相見積もり」を取って比較するしかないのです。

 

相見積もりの数は多ければ多いほど、高く売れる可能性が上がります。

 

オークションをイメージすればわかりますよね。入札が多ければ多いほど良いのです。

 

しかし、大量の店舗を回るのは骨が折れます。

 

そこで便利なのが、ネットの一括査定サービスという事になります。

 

しかも、例えばカーセンサーの場合、「出張査定」を受け付けているので、家で待っているだけで査定してくれます。

 

▶カーセンサーの簡単一括査定ページ

複数の業者を同じ日の午後などに指定して、出張査定をしてもらえば、家にいるだけで多くの相見積もりが取れてしまうのです。

 

もちろんこのサービスは無料ですし、結果が納得いかなければ売らなくても大丈夫です。

 

使わない理由はありませんよね。

 

先ほど、買取業者の「今月はこの車種はキャンペーンで」に騙されるなと言いましたが、実際に買取強化している車種というものは存在します。

 

しかし、それは相見積もりの結果、価格で知ることであって、口頭で言われるものではありません。

 

実際に最高額の査定をもらって、「御社が高かったら決めます」と伝えた際に「今月は〇〇を買取強化中だったので、この査定額出せました」となるわけです。

 

さて、一括査定がなぜ人気で利用者がひたすら増加しているのかについてはご理解いただけたと思います。

 

最後に下取りについて少し触れておきます。

 

下取りは確かに便利なので、つい下取りを選ぶとそれ以外の行動を起こさない方が多いようです。

 

ただし、覚えてほしいことは

 

下取りも相見積もりの1社

 

だという事です。1社目の見積もりが下取り価格だという事に気づきましょう。

 

私も毎回一括査定を利用しますが、念のため下取り価格も聞きます。

 

実質的に下取り価格が、買取相場の下限だという目安になるからです。

 

もちろん、下取りは納車日と旧車の乗り換えがスムーズなので確かに便利です。ただし、その便利を「いくら」で買っているのかが問題です。

 

実際私の例では、平均で40万円程度の差額が出ています。乗り換えサービスに40万払いたい方は下取りを選んでもらって構いません。

 

ただし、無料で貰える「相見積もり」を取らないは理解できません。

 

例えば、相見積もりを取った結果、下取りとの差額が2万円で、「2万なら便利だし下取りでいいか」なら分かります。

 

実際のところ、2万しか差がない事なんてありえないとは思いますが。

 

ネットの一括査定は「買取業者泣かせ」と言われるサービスです。誰が考えても、強制的に相見積もりになるこのサービスは、利益が少ないのは理解できますよね。

 

という事は、利用者にとってはとても良いサービスと言えます。

 

そうなると、車屋さんとしては「何としても下取りさせる」方向で日々トークの勉強をしています。

 

「下取りさせたらボーナス査定」になるのです。

 

これも逆を返せば、利用者にとっては「下取りは損」という事になりますね。

 

ただし、こんなに理屈っぽく説明する必要なんて全くないと思っています。

 

なぜなら、実際に一括査定を使って比較すれば良いだけだからです。

 

長い付き合いで営業マンを信頼しているのかもしれません。例えそうであっても一度は「相見積もり」で比較してください。

 

その結果、やはり素晴らしい営業マンだったのであれば、それは良いことです。

 

しかし、「50万も違った・・・過去4回下取りしているから・・まさか200万損したのか?」なんてことにならないように、早めに試しておいてください。試すことに費用もリスクもないのですから。

 

以上、車査定一括査定net3についてのコラムでした。